• トップページ 
  •  社会人になったら自分に買いたい!バレンタインチョコランキング
  • 社会人になったら自分に買いたい!バレンタインチョコランキング

    社会人の自分にご褒美で美味しい
    バレンタインチョコが食べたいアナタ!

    頑張っている自分にピッタリなチョコ選び、難しいですね!

    自分用チョコを選ぶ時の悩み

    頑張っている自分に良いチョコを選びたいが、高すぎない方が良い

    パソコンを見てチョコレートを選んでいる女性

    社会人になり、バレンタインの時期になると魅力的なチョコレートを目にする機会が多くなってきたので、今度のバレンタインでは自分へのご褒美に、 美味しいチョコレートを購入したいと思っています。 味が美味しい事や、好きな味が含まれている事は勿論、今までも容器のデザインなど魅力的なチョコレートを沢山見てきましたが、値段も比例して高い場合が多く、仕方がないのだろうかと思い、諦めることも多くありました。まだ知らないブランドで良いチョコレートが無いかとても気になっています。

    普段人にあげる物より良い物を買いたい

    買い物をしている女性

    私は普段、誕生日やバレンタイン等にプレゼントする物に良い物を買う時が多く、自分の為に良いチョコレートを買う事はありませんでした。社会人に なってからは特に、人にあげる方が値段が高くなりがちなので、今回は自分に何か美味しいチョコレートが欲しいと思うようになりました。 しかし、良い物は値段も高いという印象なので、高過ぎなくても内容が良い物を自分に買いたいと思うのですが、そのようなブランドの物があるのか悩んだまま、 現在に至っています。

    高級感のあるベルギーチョコレートはいかがですか?

    自分へのご褒美にオススメチョコランキング

    1位 ガレー

    1位ガレー

    Galler(ガレー)は、ジャン・ガレーが1976年に自らのショップを創業後、そのチョコレート作りへの情熱や努力で多くの人々を魅了し、異例の早さで1994年に ベルギー王室御用達の認定をを受けました。認定には厳しい審査があり、5年ごとに更新があるのですが、Gallerは継続して認定されているブランドです。 ガレーのチョコレートは、ガレー公式ページでも「オフィスで食べたくなるおやつ」の1位に選ばれている事が紹介されています。チョコレートは社会人の女性が バレンタインに友達へプレゼントする物としても根強い人気です。 「MINI'SBARSミニバー6個入り」は、ガレーがこだわり抜いた素材や製法によって作られた11種類の味が詰まっており、自分へのご褒美に最適です。

    2位 ゴディバ

    GODIVA(ゴディバ)の名前は、11世紀イングランドの領主夫人「レディ・ゴディバ」が由来だそうで、重税を課す夫を戒める為に、勇気のある行動をしたレディ・ゴディバのエピソードに感銘した創業者のジョゼフ・ドラップスとガブリエル夫人が、社名を夫人の名前にしたそうです。 厳選されたヘーゼルナッツのプラリネやカカオの最高の香りを味わえる 「ゴールドコレクション」は、社会人のあなたがバレンタインのプレゼントとして選ぶ時に、とても魅力的なアソートになっています。1つ1つのチョコレートが醸し出す個性は、知って行くほど楽しい気持ちになります。

    画像出典:アマゾン

    3位 ネロ

    Nello(ネロ)は、ベルギーのアントワープでマスターショコラティエとしてチョコレート作りをしているクレメント・イクスが手掛けるベルギーチョコレートブランドです。ブランド名には「フランダースの犬」に登場するネロとパトラッシュのように、日本の人々にもベルギーチョコレートに親しんで欲しいという想いが込められています。 「プラリネアソート」は、子供や社会人、高齢者など幅広い世代の好みに合うように意識したプラリネを使用しており、バレンタインでの自分へのご褒美にも安心して食べられます。

    画像出典:アマゾン
    素材にこだわりのあるガレーチョコレートの魅力を詳しくご紹介します!

    ガレーチョコレートがオススメの理由

    様々な場面や気分で変わる好みの味

    長年王室御用達であり続けるガレーの情熱

    カカオ豆

    ガレーは「情熱」がショコラティエを続けるために最も大切であるという事を、次世代にも伝えています。ガレーの右腕であるロイックは2018年にベルギー大使館でガレーについて語っていて、ガレーが現在も現場の中心で指揮をとりながらブランドを率いている様子を伝え、それが素晴らしい所であると述べています。 ガレーチョコレートの滑らかな食感は、余計な物を加えずに丁寧に作られながら生み出されており、レシピのアイディアにも時間をかけ、納得できる商品だけを届ける様子からも、ブランドを支えるガレーの大きな情熱が感じられます。 バレンタイン等の様々な場面で、多くの人を魅了するチョコレート作りにガレーが情熱を向けて努力を続ける姿は、社会人として私達が憧れる姿かもしれません。

    伝統的で芸術のような製法

    溶けたチョコレート

    ガレーのチョコレート作りは、カカオの収穫から豆の厳選、その後も人口着色料や保存料を使わない繊細な作業で、芸術を見ている様に進んで行きます。 「MINI'SBARSミニバー」は、ジャン・ガレーがダークチョコレートをはじめ、ミルクチョコレートやホワイトチョコレートを研究して生まれたオリジナルレシピの味を楽しむ事ができます。美しく芸術的な包装紙のデザインは、バレンタインだけではなく、社会人の日々の合間に目に留まると癒し効果がありそうです。 どのような味なのか想像する楽しさや、実際に食べた後も次はどの味を食べようか迷うなど、ワクワクする魅力が詰まっています。

    高級チョコでありながらも、お求めやすい値段

    財布を持った女性

    ガレーチョコレートは高品質の素材や製法で作られていて、ミニバーシリーズの容量が多いサイズでも3,348円(税抜) 、バーシリーズも1個が 431円(税抜)と、比較的購入しやすい値段になっています。社会人になって、沢山買わなければいけない時でも安心です。 まずは自分で食べてみて、気に入った味をプレゼントとして購入することもでき、バレンタインのプレゼントとしても利用できます。 どの味が自分の好みに合うか探してみるのも、楽しみ方のひとつです。

    お家ではもちろん、
    職場やお出かけなど、
    自分の好きな時に
    手軽に食べやすいですね!
    ぜひお気に入りを見つけてください!